ギゼラcv未雪ユキ

冷酷無慈悲な、地上を統べる魔女。
退屈を凌ぐために地上を統べており、悪趣味な運命の切欠を人間に与えている。
人の嫌がる事が大好きでどこで集めるのか弱点を見極めるのが得意。
趣味は高みの見物。
魔女界のカリスマ的存在。


リーゼロッテcv鈴葉ユミ

偽善者で怠惰な楽園を統べる魔女。
外面はいいので楽園の住民からは慕われている。
ギゼラとは悪巧み仲間。
ハンナを苛めるのが大好き。
アルブレヒトとの恋人ごっこが趣味。


ハンナcv紺野聖

まともで真面目な冥界を統べる魔女。
真面目すぎるが故、冥界の住民からは恐れられている。
ギゼラとリーゼロッテの牽制約として手を焼いているが、腐れ縁でなぜか共に行動している。
愛情表現が下手。
飴と鞭は2:8の割合。


リヴルcv聖明人

ギゼラ至上主義のウザキャラとして定着している。
主人のギゼラを盲信しており、臭い言葉で愛を囁くが無視されるか冷ややかな目でみられるだけ。
その視線や態度すらご褒美だと思っている。
基本的に一匹狼。と言ってはいるが、実質友達がいない。


アルブレヒトcvくなぎ

正統派執事にみせかけて実は…。
主人のリーゼロッテを愛しており主人の気まぐれに振り回されている。
リーゼロッテがよくちょっかいをかけるマティアスをターゲット認定しており、いつでも仕留める用意はできている。
リーゼロッテにギャンギャン吠えるエルザが心底憎い。
リーゼロッテと仲の良すぎるギゼラにもただならぬ思いを抱いているが身の程を弁えている。


ヨハンcv笹原那太
普段は気弱で気の利く男の子だが、主人のハンナの為なら感情を消すことができる。
とはいえ、本来は優しい性格で天然である。
いつかハンナに男としてみてもらえるようになるのが目標。
カミルがハンナを揶揄うので必死に庇うが逆に撫で回されて心が折れそうになる。
そんな自分をハンナが助けてくれる度キュンとしている乙女系男子。



ザシャcvいし

始終暑苦しい太陽を統べる魔男。
いつだって全力で正義を貫く。
それ故ギゼラ達に熱く説教をしに黒い森へやってきては軽くあしらわれる。
いつかギゼラをぎゃふんと言わせたい!
自分のサーヴァントであるアルマが大好き。
マティアスとカミルが大好きで二人から甘やかされリヴルとは違うベクトルでウザく育った。


マティアスcv牧野秀紀

寡黙で不幸体質な月を統べる魔男。
自分が何か喋る前にザシャとエルザが喋っているので自分の意思がうまく伝わらない。
リーゼロッテとギゼラによくからかわれる。
ハンナには妙な仲間意識がある。


カミルcv空閑暉(諳弌)

陽気でドSな星を統べる魔男。
普段はおちゃらけていてハンナとヨハンを揶揄ったりリーゼロッテとローゼマリーを揶揄って楽しんでいる。
ギゼラがドSライバル。


アルマcvひなたみゆ

体育会系で上下関係を重んじる。
負けず嫌いで特に主人のザシャは好きではないが全力で戦う。
とても正直者ですぐに本音がポロリする。
エルザとは親友で幼い頃からずっと一緒。


エルザcv未雪ユキ

好き嫌いがはっきりとした二重人格。
主人であるマティアスの前では超絶ぶりっ子だが大嫌いな魔女達の前では口が悪い。
(マティの前でも隠しきれてない)
リーゼロッテが大ッ嫌いでアルブレヒトは天敵。
アルマとは仲良しでマティアスのことでいつも相談に乗ってもらっている。


ローゼマリーcv鈴葉ユミ

姉のリーゼロッテにコンプレックスを抱いている。
いつか自分も魔女になりリーゼロッテを見返すため実力だけは確かなカミルの下で修行している。
古典文学を読むのが趣味。



トゥルムcv神無月雅

黒い森にそびえる塔の守護者で、大魔女様の使い魔。
誇り高き猫族だが、見た目は「たぬき」である。

Copyright (C) 2014 悦楽project All Rights Reserved.